美容整形外科で行われている様々な施術内容

再建の方法

乳房再建にかかる費用とは

乳がんなどで、乳房を切除せざるを得なくなってしまった場合、女性としては精神的なダメージも大きいはずです。 もちろん、そのままでも生活をすることはできますが、女性としての自信を取り戻したり、またファッションを楽しみたい、孫と一緒にお風呂に入りたい、色々な悩みがあると思いますが、乳房再建という手術によって解決することができます。 乳房再建については、大きく分けて2つの方法があります。まずは、自分の筋肉組織や細胞を使ったものと、インプラントといって人口乳房にするという方法です。前者の乳房再建ですと、保険が適用となり30〜50万円程度でできます。 インプラントの乳房再建ですと、片側で50〜100万円かかると言われています。

選べる乳房再建手術

がん治療などで変形したり、失ってしまった乳房を取り戻すのが乳房再建です。乳房は女性だけが持つ臓器ですから、それを失った女性は身体だけでなく、心のダメージも大きい場合が多いです。 そんな女性たちに乳房再建手術が注目されています。乳房再建方法は大きく分けて、シリコンやインプラントなど人工乳房を使用する方法と、お腹などの身体の他の部分から移植する2つがあります。 治療費については自分の身体からの移植の場合のみ、保険診療が適応されていた時代もありましたが、2013年からはシリコンやインプラントによる乳房再建にも、条件付きですが適用されるようになりました。 身体からの移植は下腹部にキズが残ることや、シリコンやインプラントより回復までに安静が必要ですので、自分が納得できる乳房再建方法を選ぶことが大切です。シリコンやインプラントと移植手術の併用方法もありますので、医師と相談するのも良いでしょう。